派遣社員の電話のスキル


派遣社員として働いている派遣先で電話が鳴りました。

なんといって出るのがよいでしょうか?

まさか、「もしもし」と出る人はいないと思います。

携帯にかかってきた友達からの電話なら「もしもし〜?」でも何でも構いませんが、会社の場合はそれでは相手に失礼です。

基本は「はい、○○(会社名)でございます」ですね。

会社名が長い場合などは「はい、○○○○です」でも良いでしょう。

また会社によっては「はい、○○商事 営業部 ○○が承ります」と個人名まで名乗るところもあります。

各会社のカラーがあると思いますので、郷に入れば郷に従えということで最初に社員さんに確認したり、まわりを真似すればよいでしょう。

また受話器をとるタイミングについては、2コール以内がベストです。

今のマナー講習では、電話のコールは2回以内と教えています。

少し前まで電話のコールは3回以内といことが言われていました。

しかし、現在では2コール以内が一般的になってきています。

インターネットの普及や、プリンタなどの高速化などでさらに仕事の効率が求められてきているためでしょう。

電話に関しても、自分自身が3コールまで待たされると、長いと感じることがありませんか?

ビジネスの場合は、変化が早いのでしっかりと対応できるようにしましょう。

これもスキルの一つです。

3コール以上お待たせてしまった場合は「お待たせいたしました、○○です」とまずはお詫びしてから出るように心がけましょう。

電話というのは相手の顔が見えないため、伝えようとしても伝えられないことがあります。

電話での会話は、要点がまとまったストーリーのように話すと、相手は理解しやすくなるでしょう。

相手が見えなくても、相手が目の前にいるつもりで話すことが大切です。

電話に出るときは、背筋を伸ばして出ることを心がけてください。

相手が目の前にいたら、あなたは背中を曲げて応対しますか?

しないですよね。それが電話応対のスキルの一つです。

派遣社員の場合、電話の出方を指導されることはありません。

当然にできていなければならないスキルと考えられているからです。

そして、電話は積極的にでるようにしてください。

派遣社員の中には、正社員が出るからいいやという人が意外に多いです。

電話は派遣社員の重要なスキルです。

自分のスキルをアピールするためにも、電話の応対をしっかりと確認しておくことが必要です。

派遣社員は電話の出方一つでできる派遣社員、できない派遣社員を判断されてしまうことがあります。

基本的なスキルですが、電話の応対は声が周りに聞こえるため、すぐに判断の材料になります。

できる派遣社員として、電話のスキルは絶対に必要です。
| 日記

派遣社員 正社員よりできる!


派遣社員は事務の仕事に派遣されることが多いでしょう。

その場合、派遣は期間を決めての契約のため、期間がくれば派遣は終わります。

どのようになるのでしょうか?

一般的な事務職の場合は「臨時的・一時的派遣」にあたり、派遣社員は原則1年(場合によっては3年)以上同じ会社に派遣されて働くことはできないとされています。

しかし現状は、一般事務や営業事務で何年も同じ派遣先企業で働いている人もいます。

「仕事内容も環境も慣れた職場だし3年といわずこれからも働きたいのに、なんで上限が3年なの?」と思いますか?

同じ会社で長く働きたいと考えているのであれば、派遣社員ではなく正社員になるべきでしょう。

弱い立場になってしまう可能性のある派遣社員を長期間同じ職場で働かせることは良くない場合があるのです。

賃金をぎりぎりにおさえて、転職ができないようにして長期間働かせるようなことがないようにということです。

そもそも本来は、企業が派遣社員を雇う理由としては、臨時的に人が足りない場合や専門的なスキルを要する場合であるはずなのに、現実は、会社の経営者はこのように考えているのではないでしょうか?

「長い目で見れば正社員を雇うより賃金が安いし、必要がなくなればすぐに契約を終了できる(=簡単にクビにできる)」と。

会社の経営者にとって派遣社員はとても都合の良い労働者であり、そのため派遣の求人はたくさんあるのだと思います。

もし、そのポストに常に人がいなければ業務に支障がでるのであれば、会社はその人を正社員として雇用するように、という意味で派遣法では派遣の期間を3年以内とし、正社員の代替として派遣社員を活用してはいけないこととしています。

期間が来れば終わりであり、首の切りやすい派遣社員とならない、できる派遣社員と呼ばれるにはどうすればよいのでしょうか?

正社員より高いスキルを身につける必要があります。

パソコンや資格などももちろんできる派遣社員になるためには必要です。

さらに必要なのは、細やかな気配りです。

与えられた仕事のみをやるのは、普通の派遣社員。

できる派遣社員のあなたは、さらに正社員や管理者の望むことを先回りして行えるようになることです。

いつでもクビにできるのは、正社員であり、派遣社員はクビにはできない、そういわれる派遣社員を目指しましょう。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。