派遣社員が確認すべき書類


「OA操作の派遣社員として契約したのに営業を命じられた」

「営業事務として派遣社員の契約をしたのに帳簿の記帳など経理処理までしなければならないなんて」

なんてことがあったら、派遣社員はどのようにすればよいのでしょうか?

ここで重要になるのは「就業条件明示書」になります。

派遣会社は、派遣先が決まると派遣社員に「就業条件明示書」を提示する義務があります。

派遣先が「就業条件明示書」以外の業務を派遣社員に命じることは、厳密には契約違反にあたります。

派遣社員の立場としては、職場の業務を円滑に進めるために、契約外でもある程度の業務は柔軟に対応することも必要です。

しかし、本来の業務や勤務時間に影響するなど、許容範囲を超えた場合には、派遣会社の担当者に相談する必要があります。

それでも改善されなければ、しかるべき機関に相談しましょう。

日本人材派遣協会の相談センターや公共職業安定所(ハローワーク)などに相談するのが良いでしょう。

また、「就業条件明示書」には、業務内容以外に、業務の指示責任者・勤務場所・勤務時間などの重要事項が記載されています。

派遣社員の場合は、この「就業条件明示書」は非常に重要な書類となります。

これは、派遣会社と派遣社員が交わす大事な契約書です。

隅々までよく読んで、分かりづらい部分や曖昧な部分は質問をしてすべてを理解しておきましょう。

納得したら、派遣会社と派遣社員の控え双方に署名・捺印して、契約完了です。

この「就業条件明示書」はトラブルの際の判断基準、法的根拠にもなりますから、大切に保管しておきましょう。

特に後で確認すればいいやという考えの派遣社員の方がいますが、そういった考えは捨ててください。

派遣社員は「就業条件明示書」に捺印することで派遣元と契約をするのですから、内容をしっかりとつめることを絶対に忘れてはいけません。
| 日記

派遣社員の経験がない人の武器は?


このサイトは、できる派遣社員というテーマで運営しています。

しかし今まで派遣社員として働いたことがない方で、派遣社員として働きたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、パソコンができないし、派遣で働いたことがないから・・・

そんな理由で派遣の道を諦めていませんか。

しかしそんな理由で派遣社員をあきらめる必要はどこにもないのです。

もちろんビジネスにおける能力は高いにこしたことはないです。

もし、ビジネススキル以外がまったく同じ人間が2人いたとするならば当然、ビジネススキルが高いほうにニーズがあるでしょう。

ただ、何をはじめるにしても最初からなんでもできる人なんていません。

実績や経験のない人にとって重要なのはヒューマンスキルです。

いくらビジネススキルがあっても朝の挨拶もできない人と楽しく働けると思う人は少ないのではないですか。

何を言ってもネガティブなことが次々と口から出て来る人とあなたは一緒に居たいと思わないはずです。

だから初めて派遣社員にとって重要なのはヒューマンスキルなのです。

最初からヒューマンスキルを発揮することは難しいかもしれません。

派遣社員として初めて働くのであれば、当然緊張もします。

それでも一生懸命周りと溶け込もうとすることを派遣先は評価するのです。

それはヒューマンスキルです。

『やる気』は言うまでもなく派遣社員ならば当然必要です。

派遣当初は知識がなくても、貪欲に何でも吸収していこうと言う姿勢が非常に大切です。

資格を取得することも必要ですし、分からないことをどんどん質問するという姿勢も忘れてはいけません。

それがビジネススキルを向上させるエネルギーになるでしょう。

『やる気』と『笑顔』で必要とされる派遣社員にはなれます。

別に派遣先に媚びる必要はありません。

ヒューマンスキルは媚びることではなく相手にいやな気持ちや不快な気持ちを与えないことです。

初めて派遣社員として働きたいという人は、自分がしてもらって嬉しいことを率先してやることです。

派遣社員になりたい人は、どんどん派遣社員に挑戦することを期待しています。
| 日記

パワーポイントでスキルアップする派遣社員


派遣社員の時給を上げるのは、やはりスキルによります。

しかし、役に立つスキルは何かと探しているだけで、なかなか行動できない人も多いです。

行動しなければ、決してスキルはアップしません。

そして、スキルアップのための行動は早ければ早いほうがよいです。

スキルのアピールできる時間が早くなり、時給アップの交渉にも主張しやすいですから。

何をやったらわからないという派遣社員の人は、まずはPCのスキルを磨きましょう。

まず、ワードとエクセルは中級以上のスキルを身につけておくのは前提です。

この2つは実務で使う可能性が極めて高いので、絶対に必要なスキルです。

それにプラスアルファーで、まずはパワーポイントを身につけましょう。

アクセスができるのがよりよいのですが、まずはパワーポイントに取り組んでみてください。

パワーポイントといえば、プレゼンの資料などを思い浮かべる人が多いでしょうか。

OHPの現代版のような装置でスクリーンに映るものをパワーポイントは作ることができます。

派遣社員でも、このプレゼンの資料を作成することを任される人もいます。

スキルを学ぶに際しては、どんなことでもそうですが、まずは使ってみることです。

パワーポイントは使ったことないからという人はそれを使おうとしない人が多いです。

まずはどのうような動きをするのかをやってみる必要があります。

パワーポイントは会議で使う資料もきれいに作ることができます。

A4の用紙を横に使われた会議用の資料を見たことのある人は多いと思います。

あれの多くはパワーポイントで作られています。

身近なPCのスキルでこのように、派遣社員として使われる可能性が多くなります。

スキルアップのためには、めんどくさいという言葉はここで捨ててくださいね。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。