派遣社員は日常生活でスキルアップすること


派遣社員の方で、スキルアップをしたいという人は資格試験や、ビジネススクールなどに通っている人もいらっしゃるでしょうか。

それらはとても素晴らしいことです。

しかし、派遣社員の方がスキルアップできることは、そういったことだけではありません。

ときどき派遣社員の方からこういったことを聞きます。

「給料が安くてテキストなどを手に入れることができないのでスキルアップができない。」

「学校へ行くお金なんかとてもない。」

しかし、こういうことを言う派遣社員の方は、正直申し上げて、誤解されています。

スキルアップは何も机に向かって行なうだけがスキルアップなのではありません。

派遣社員で毎日の経済や政治のニュースを的確におさえている人は、やはりできる派遣社員です。

近くの派遣社員の方で、仕事ができるという方はおそらくこういったことにも答えられる人でしょう。

こういった身近な問題からテーマを見つけて、自分の知識とするという姿勢がスキルアップを加速させるのです。

少しイメージしてみてください。

どうしてあの店は行列ができて、こちらの店は行列ができていないのであろう?

こういったことを、派遣社員の方は町の中で見たことがあるはずです。

こういったことを気にするか、気にしないかでスキルアップするかしないかが変わってしまうのです。

行列のできている原因を突き止め、応用できるのであれば、それは立派なマーケティングです。

派遣社員の方は、実際の生活の中でさまざまな疑問、質問を投げかけることを習慣にしてください。

そして、その答えを自ら見つけることができたものは、必ず自分のスキルとして定着します。

勉強できないから、派遣社員から正社員に変わることができない。

経済的にスキルアップすることができないから、時給アップできない。

こういってしまうのは簡単です。

しかし、今できることを最大限にやること、これがスキルアップしたい派遣社員には必要なのです。

経済的にスキルアップが難しい場合、磨くことができるのはヒューマンスキルです。

どちらもとても大切なものでありますが、この場合できるのはヒューマンスキルなのですから。

派遣社員としてできることをどんどんやっていく人が、望むべき自分を手に入れるのです。

派遣社員の方は、今の自分にできることは何かを自らに質問してみる時間を毎日とるようにしてください。
| 日記

派遣先の担当者ができない営業だったら?


派遣社員の場合、必ず派遣元の担当者がいます。

派遣先が変わるたびに担当者が変わることがあります。

特に大手の派遣会社でお仕事をもらう場合、派遣先が変わるたびに担当者も変わることが多いです。

時給アップには担当者が交渉をするので、どの担当者がつくかがとても重要になります。

派遣業界では、時給アップについては派遣社員のスキルに関していろいろと言われることがあります。

しかし派遣営業さんについてはどうなのでしょうか?

はっきりと申し上げて、できる営業さん、できない営業さん、どちらでもない営業さんというのは分かれるものです。

デキる営業さんは、就業初日の夜に「お疲れ様です。今日は初日でしたが、どんな感じでしたか?」

仕事の最終日には「今までお疲れ様でした。また今後もよろしくお願いします。」といった、基本的なフォローを欠かすことはありません。

人間関係ではこういったことは基本ですが、とても大切なことです。

それに、常にスタッフの立場を考えての言動をとってくれるので、派遣先企業との間に何かやりずらい部分があったりしても、どちらもが嫌な思いをしないように交渉をしてくれたりします。

「デキない営業さん」は、このような心遣いはまず無いに等しく、何かお願いしたときのレスポンスもはっきりいって良くないです。

あと、ほぼ共通しているのが、コミュニケーションに問題があるということです。

営業という職についていてコミュニケーションに問題があるって・・・?と思われるかもしれませんが、めすらしいことではありません。

相手の話をきちんと聞くことがデキていなかったり、勝手に自分の尺度で解釈してしまったり。

自分の考えだけで話してしまったりするのです。

「そこそこの営業さん」というのは、上記2タイプの中間というところでしょう。

ということで、もうお分かりかと思いますが、派遣社員としてはデキる営業さんの担当している案件をもらうことが、時給アップの早道になるのです。

なので、運良くデキる営業さんが自分の担当になったら、その人となるべく仲良くしておくと、それが今後の時給アップにも繋がります。

仲良くすると言っても、別にプライベートで親しく付き合ったりするということではありません。

資格を取るためにこういう勉強を頑張ってますよとか、最近職場でこんな仕事を任されたんですよとか、ちょっとした近況報告のメールを送ったりするだけでもいいのです。

こういったヒューマンスキルの重要性は何度も解説してきましたので実行してください。

残念ながらできない営業さんが担当者になってしまった場合はどうするのでしょうか。

時給アップはあきらめるということでしょうか。

この場合は、担当の営業の方との信頼関係を築くということはいつもと同じように重要です。

そして、派遣先の上司や管理者の信頼関係により重きを置いていくということが大切です。

派遣先から時給アップをしてくれる場合もあります。

そこまでいかなくても、時給アップの交渉は派遣元が派遣先にしなければならないので、その時に有利に交渉を進めることができます。

派遣社員の方は、どの状況であっても時給アップの道はあることを覚えておいてください。
| 日記

派遣社員の資格習得


派遣社員のスキルアップのためには資格をとるということが、とても重要になってきます。

しかしここで勘違いされる派遣社員の方は、資格を片っ端から取って行くきますが、こういった考えはどうなのでしょう?

資格を趣味でどんどん取って行くということは、とても素晴らしいことです。

しかし派遣社員のスキルアップという観点からは、それではあまり意味がありません。

一般的に資格に一貫性があるほうが、評価が高くなります。

そして目指す仕事に関連する資格をとることが、派遣社員のスキルアップには必要になります。

経理関係の仕事なら日商簿記の検定を受けることが必要でしょう。

通訳に関する仕事ならTOEICの点数を上げたり、通訳技能検定に合格すること。

このようにめざしている仕事に合わせた資格や免許を取ることが派遣社員のスキルアップとなるのです。

そして、派遣社員がスキルアップするための資格習得について加えて重要なことがあります。

まず、段階がある資格については、より上の資格を取ることです。

簿記2級よりは、簿記1級のほうが評価されます。

TOEICが700点よりは800点の方が評価されます。

このように、スキルアップはさらに上を目指すことが大切です。

派遣社員の方は、できる限り上を目指して資格を習得してください。

さらに資格は組み合わせることが大切です。

1つの資格よりも関連する資格を複数取ることで、評価が上がります。

TOEIC800点を通訳技能検定や英検1級、TOFELなどの資格を持っておくことがより評価の対象になるのです。

簿記だけではなく、税理士の資格を持つことで、経理関係では大きな武器になります。

派遣社員のスキルアップは広い視野で見ることが大切になります。

学校の勉強と違って、派遣社員が机で勉強しても、業務では何の役にも立たないと勘違いされている方がいます。

しかしこれは大きな勘違いです。

資格に挑戦することは、絶対にマイナスになることはありません。

派遣社員の方は、常にスキルアップを念頭においてください。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。