できる派遣社員の派遣会社の登録の仕方


派遣社員は時給アップのためにはスキルアップをしなければなりません。

そして、時給アップに対して即効性はないですが、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

なぜなら、派遣会社によってその特徴が違っているからです。

英語の業務に強い派遣会社、医療事務に強い派遣会社などさまざまあります。

派遣社員として、スキルアップをするときに、やりたい仕事があれば、それに強い派遣会社に登録しておく必要があります。

あらかじめ複数の派遣会社に登録しておけば、そういう派遣会社を探す必要がなくなります。

そして、契約更新のときに、複数の派遣会社に登録しておけば、時給アップの交渉もしやすくなります。

高い時給を提示する派遣会社の派遣先に興味がある場合には、そちらを優先することもできます。

やりたい仕事がある人で、そういった会社に入ることが難しい場合も、複数の派遣会社に登録しておくことで、派遣社員としてそういった仕事に就くことができることがあります。

ここでできる派遣社員といわれる人はどのように行動しているのでしょうか?

できる派遣社員というのは、登録している派遣会社に定期的に連絡をしているものです。

たとえばこのように。

「こういった仕事を探しているが、派遣社員として受け入れてくれる派遣先はないか?」

「こういった仕事があれば検討しますので、連絡をください。」

などという連絡をしているものです。

こういったことはすぐに結果が出るものではありません。

しかし、時間がたつにつれて、効果を発揮し始めるものです。

あの派遣社員は定期的に連絡をくれているが、ちょうどよい派遣先が現れたから連絡してみよう。

派遣会社もその登録しているスタッフを全員把握しているわけではないので、連絡を定期的にしているスタッフを先に紹介するようになります。

時給アップや自分のやりたい仕事をつかむ派遣社員というのは、このような地道なことをしているのです。

派遣社員のあなたも今からできますよ。

派遣会社の登録もまずはインターネットでの登録からはじまるところが多いですから。

少しの行動が、派遣社員としての成長を実現するのです。
| 日記

派遣社員 継続した何かがありますか?


派遣社員のスキルアップは重要ですが、なかなか実行できない派遣社員の方が多いのが現状です。

スキルアップが重要でないと思っている派遣社員というのは、おそらくいらっしゃらないのではないでしょうか?

重要性が理解できているにもかかわらす、スキルアップできる派遣社員が少ない。

なぜスキルアップできる派遣社員の方が少ないのでしょうか?

スキルアップというのは、毎日継続して行なわなければなりません。

なぜならば、スキルアップは今日始めて明日アップするというものではないからです。

毎日続けてスキルアップをコツコツと続けることが大切です。

そのことは派遣社員の方も納得していると思います。

この毎日継続するということができない派遣社員の方が多いのです。

めんどくさい、疲れた、時間がない。

継続できない理由をあげれば、きりがなく上げることができます。

しかし、継続できない派遣社員の方は、継続して何かをやったことがないのです。

継続したことがないから、どうやって継続したら良いかが分からないというだけの理由が、派遣社員でスキルアップできない人の理由です。

派遣社員の方で、スキルアップを望んでいるができない人は考えてみてください。

何かを継続してやったこと、今もやっていることがありますか?

派遣社員として時給アップ、スキルアップを望むのであれば、まずは毎日継続することを覚えなければなりません。

そんなことは分かっているという方も、継続したことがない、できないのであればわかっていないのと同じことです。

毎日続けること、これも派遣社員のスキルの一つであると考えてください。

スキルはできなければ、実行しなければ意味がないのです。

では派遣社員の方は、継続するスキルを磨いていきましょう。

スキルですから、まずは簡単なものから始めることです。

今ここで派遣社員の方は、毎日継続してやることを決めてください。

継続するスキルが今はないのですから、難しいことを決めると継続できなくなります。

毎日本を一冊読むとか、甘いものを食べないとか、こういうことは難しいことです。

疲れていたり、酔っ払って帰ってきて、このようなことを継続してできますか?

トイレのスリッパを必ずそろえる、本を必ず1行以上読むなど、簡単なことを毎日継続してください。

継続できない理由がないのものが簡単なものです。

これで毎日継続すること、このスキルを高めることです。

派遣社員の方は、スキルアップのために継続するスキルをつけることが第一です。

継続する習慣がついたときに、ビジネススキルをつけるための基礎体力がついたことになるのです。

スキルアップをあきらめている派遣社員の方は、継続する習慣をつけることで、まず派遣社員としての自分を磨きましょう。
| 日記

派遣社員がスキルアップを楽しくやるには?


派遣社員の時給をアップさせるためには何が必要だったでしょうか?

まず派遣元が派遣先に時給アップの交渉を行なうことが必要です。

これについては何度かご説明してきました。

したがって派遣社員が時給アップを望むためには、スキルアップや派遣先派遣元との信頼関係が必要なことを理解していただいていると思います。

時給アップは当然ですが、派遣社員として働き始めて短期間でできるものではありません。

しかし、派遣社員として長期間働けば、無条件でアップするというものでもありません。

派遣社員が時給アップを望む場合は、日ごろからコツコツとスキルアップにつとめたり、派遣先派遣元との信頼関係をしっかりと築く必要があるのです。

この結果の見えにくい時給アップへの過程を乗り越える派遣社員が、時給アップという希望をつかむことができます。

派遣社員としてスキルアップをすることは、一般的にはつらいことだと考える人が多いです。

もしかしたら、この記事を読んでいただいている方も、そう考えていらっしゃるでしょうか?

スキルアップなんて分かっているけれど、そんな時間もないし、面倒くさいし・・・

そんな派遣社員の方の意識の根底にあるのが、スキルアップは勉強しなければならないから苦しいものだ、という認識でしょう。

だから時給アップできないのだということが分かっているけれど、行動できない。

スキルアップをしたいのならば、苦しいのを我慢して継続しなければならない。

苦しさを乗り越えなければ派遣社員は時給アップができないと思っていますか?

派遣社員の方で、このようにスキルアップを考えているのであれば、継続は難しいでしょう。

スキルアップで重要なのは、スキルアップに対するストレスを排除することがまず第一です。

スキルアップが嫌なのに続けるということは、絶対に継続することはできません。

派遣社員がスキルアップするためには、スキルアップ自体が楽しいものでなければなりません。

派遣社員でなくても、人間は楽しいことでなければ続けることができないものです。

だから派遣社員で今スキルアップできないで苦しんでいる人も、それに悩む必要はありません。

むしろ当然のことだと考えることです。

そして今からスキルアップは楽しいものだと考えるようにすることが大切です。

まずはそのことから派遣社員の方は考えることです。

スキルアップがなぜ苦しく感じるのか、まずはそれを考えてみてください。
| 日記

登録した派遣会社との関係


派遣会社との上手な付き合い方とうのは、派遣社員として働いているときには当然ですが必要です。

時給アップやスキルアップのためには、派遣元との信頼関係はとても重要になるからです。

ところで派遣社員の方は、複数の派遣会社に登録している人が多いです。

派遣社員としてステップアップ、時給アップを狙うためにも、複数の派遣会社に登録をするべきです。

複数の派遣会社に登録している派遣社員の方は、派遣元でない派遣会社との連絡はどのようにされているでしょうか?

当然、複数の派遣会社に登録しているわけですから、派遣元としての派遣会社と派遣元でない派遣会社に分かれます。

派遣元との関係は、先ほどのとおりとても大切です。

それでは、今は登録しているだけの派遣会社との付き合い方はどうすればよいのでしょうか?

登録しているだけの派遣会社には、全く連絡をしないで、希望の仕事を待ち続ける人がいますが、これではなかなか希望の仕事が入ってこないものです。

なぜなら、派遣会社としても信頼のおける派遣社員の方を派遣したいと考えるからです。

派遣元ではない派遣会社ともこういった信頼関係が築ける人というものは、信用される派遣社員であると判断してもらえます。

登録しただけでは、忘れられてしまって、派遣の仕事を紹介してもらえない可能性もあります。

定期的に連絡することでそういったリスクを回避しなければなりません。

そして登録している派遣会社には、希望の職種がないかどうかを定期的に確認するようにする必要もあります。

派遣会社の中には、希望の職種でないものを紹介してくるところがあります。

派遣社員としてステップアップしたい、スキルアップしたいなど具体的な目標がある場合は、それをしっかりと把握してもらうことが大切です。

そうすれば、その案件に似た良いお仕事を派遣先として紹介してもらうことができます。

派遣会社もよい方にお仕事をしてほしいと考えていますので、携帯電話に留守電や着信があったときは、折り返し派遣会社に電話をするようにしましょう。

折り返しの電話というのはビジネスシーンでは当然のマナーです。

こういったことができない派遣社員には良い仕事は回ってくるはずがありません。

以上のように、登録している派遣会社との信頼関係も大切です。

派遣社員の方は、待っているだけでなく、自分から情報を得るよう心がけましょう。

そうしておけば、良い条件の案件があったときには、真っ先に派遣社員のあなたに紹介してくれるでしょう。
| 日記

派遣社員の出社退社のマナー


派遣社員の方は、毎朝何時に出社していますか?

毎朝、余裕でオフィスに着く派遣社員、ギリギリで駆け込む派遣社員、さまざまですね。

ここで確認しましょう。

始業時間が出社時間、そして終業時間が退社時間だと思っている派遣社員の方ははいませんか?

派遣社員の方は、時給で働いているので、時給が発生する始業時間に間に合えばよいと考えている人がいます。

時給が発生していないときは、まだ何もしなくて良い時間だと考えている派遣社員の人もいるでしょう。

しかし、時給アップ、スキルアップを目指す派遣社員としては、始業時間よりも前にやるべきことをしっかりとやらなければなりません。

何も30分も1時間も前に出社する必要はないのです。

派遣社員の方は、自分のデスクを仕事ができるように、始業前に整えたり、資料を整理したり、デスクの引き出しの中を片付けたりといろいろとやらなければならないことがあるはずです。

始業後にこのようなことを始めるのは、派遣社員としては並みのレベルだと思われてしまいます。

派遣先の信頼という観点からも、始業後に始めるのはまずい状況です。

周りをみてみてください。

仕事のできる社員というのは、始業前に何らかの準備をしているはずです。

できる派遣社員といわれるために、このような簡単なことを始業の10分前ぐらいから始めておくのが理想です。

そして退社時間も重要です。

派遣社員の中には、退社時間の前にタイムカードの前で待っているというようなことをする人はいませんか?

これでは派遣先との信頼などありえません。

退社時間の5分後くらいにデスクを離れるというくらいがよいでしょう。

派遣社員の方が退社するときには、社員の方がまだ仕事をしていることがあります。

そういったときは、「本日は、これで失礼させていただきます」、「お先に失礼します」など、きちんと挨拶をしましょう。

もし上司や先輩が忙しそうにしていたら、退社時間前に「何かお手伝いすることはありますか?」と聞くような心づかいができる派遣社員の方にはほしいところです。

派遣社員として、派遣先との信頼のためには、このような簡単なことをするかしないかで全く違うのはすぐにわかるでしょう。

派遣社員の方は今一度自分の行動をチェックしてみてください。
| 日記

派遣社員と派遣元との関係のために


派遣社員の方で、周りからいつも助けてもらえる人がいないでしょうか?

しかもその派遣社員の方はとても仕事のできる人の場合が多いはずです。

その派遣社員を手伝うことがまったく苦にならず、派遣先の人たちから進んでヘルプしてもらえる。

そういった信頼関係が派遣先の人と派遣社員の間には必要なのですが、どうすればよいのかが分からないという派遣社員の方が多いようです。

この状況を作るためには、派遣社員の方は受身ではいけません。

積極的に派遣社員の方から行動することが大切です。

どうするかというと、まずは自らが与えるのです。

仕事で手伝えることはどんどん手伝っていくこと。

しかし、ここで重要なのは、むやみにしゃしゃり出て手伝いをするなどということではありません。

相手に「ありがとう」といわせるようなことを手伝うことが大切なのです。

何度も「ありがとう」と派遣社員と派遣先の人との信頼関係が成立していくのです。

できない派遣社員の方で自分の仕事だけをやっている人が回りにいるはずです。

そういった派遣社員の評判はえてして良くないものです。

ここで重要なのは、相手への心配りがあるかないかです。

派遣社員の人に必要なヒューマンスキルは相手への心配りからできてくるものです。

まずは相手のために、自分ができることは何でもやってあげるというぐらいの心構えで、派遣社員の方はよいと思います。

もちろんできないことはできないとはっきりと言うことも大切です。

この「ありがとう」が

「あの人って、仕事ができるよね」

「よくやってくれているね」

という評価に変わるときが必ずあります。

そうなったときに、派遣社員のあなたが仕事のヘルプをお願いしても、みんなが快く引き受けてくれるはずです。

派遣社員のあなたの評価もぐんと上がっているはずです。

まずは「ありがとう」といってもらえる仕事をたくさんやることが、派遣社員が派遣先と信頼関係を築くために必要なことです。

派遣先との信頼関係は派遣社員にとっては時給アップという形で帰ってくることがあります。

「ありがとう」といってもらえる仕事というのは、たとえ時給アップという形でなくても、とても気持ちのよいものです。

派遣社員としての自分の力が役に立ったという満足感、充実感というのはなんともいえないものです。

その気持ちをどんどん味わいながら、派遣先との信頼関係を築き、さらには時給アップへと繋げることが、派遣社員のヒューマンスキルです。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。