派遣社員の出社退社のマナー


派遣社員の方は、毎朝何時に出社していますか?

毎朝、余裕でオフィスに着く派遣社員、ギリギリで駆け込む派遣社員、さまざまですね。

ここで確認しましょう。

始業時間が出社時間、そして終業時間が退社時間だと思っている派遣社員の方ははいませんか?

派遣社員の方は、時給で働いているので、時給が発生する始業時間に間に合えばよいと考えている人がいます。

時給が発生していないときは、まだ何もしなくて良い時間だと考えている派遣社員の人もいるでしょう。

しかし、時給アップ、スキルアップを目指す派遣社員としては、始業時間よりも前にやるべきことをしっかりとやらなければなりません。

何も30分も1時間も前に出社する必要はないのです。

派遣社員の方は、自分のデスクを仕事ができるように、始業前に整えたり、資料を整理したり、デスクの引き出しの中を片付けたりといろいろとやらなければならないことがあるはずです。

始業後にこのようなことを始めるのは、派遣社員としては並みのレベルだと思われてしまいます。

派遣先の信頼という観点からも、始業後に始めるのはまずい状況です。

周りをみてみてください。

仕事のできる社員というのは、始業前に何らかの準備をしているはずです。

できる派遣社員といわれるために、このような簡単なことを始業の10分前ぐらいから始めておくのが理想です。

そして退社時間も重要です。

派遣社員の中には、退社時間の前にタイムカードの前で待っているというようなことをする人はいませんか?

これでは派遣先との信頼などありえません。

退社時間の5分後くらいにデスクを離れるというくらいがよいでしょう。

派遣社員の方が退社するときには、社員の方がまだ仕事をしていることがあります。

そういったときは、「本日は、これで失礼させていただきます」、「お先に失礼します」など、きちんと挨拶をしましょう。

もし上司や先輩が忙しそうにしていたら、退社時間前に「何かお手伝いすることはありますか?」と聞くような心づかいができる派遣社員の方にはほしいところです。

派遣社員として、派遣先との信頼のためには、このような簡単なことをするかしないかで全く違うのはすぐにわかるでしょう。

派遣社員の方は今一度自分の行動をチェックしてみてください。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。