新しいゲーム


新しいゲームが発売されましたね。


テイルズオブエクシリアです。


かなり人気が高いようです。


通販でもかなり人気が高くて
売り切れになっているところもあります。


いろんな通販が激安価格で発売していますので
調べてみるといいですよ。


購入したいという方はいろんな通販を見てみてください。
| 日記

髭剃り


髭剃りには何を使いますか?


安全カミソリですか?


シェーバーですか?


どうしても使った後のヒリヒリ感が嫌いで、
安全カミソリになってしまいますね。


でも最近はシェーバーでも、
かなり肌に優しいものがたくさんあります。


そういったものを選ぶのもかなりいいかもしれません。
| 日記

ナノケアドライヤー


ナノケアドライヤーが通販でかなり人気になっていますね。


いろんなデザインがあるのも人気の秘密の一つ。


そして、ナノケアという機能もその人気の一つですね。


髪をダメージに強いものにしてくれるのがナノケア。


ドライヤーを使って髪をダメージに強くしてくれる
というのはうれしいですね。
| 日記

除湿機


除湿機が、かなり好調な売れ行きのようです。



パナソニック F-YHGX120-S
が中でもかなり人気が高いようです。


除湿機は除湿してくれるのは当然ですが、
さらに除菌もしてくれます。


パナソニック F-YHGX120-Sを送料無料
で販売している通販も
かなりたくさんありますので、
探してみてはいかがでしょうか?



パナソニック F-YHGX120-Sが最安値
になっている通販も
見つかるかもしれませんよ。
| 日記

できる派遣社員の派遣会社の登録の仕方


派遣社員は時給アップのためにはスキルアップをしなければなりません。

そして、時給アップに対して即効性はないですが、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

なぜなら、派遣会社によってその特徴が違っているからです。

英語の業務に強い派遣会社、医療事務に強い派遣会社などさまざまあります。

派遣社員として、スキルアップをするときに、やりたい仕事があれば、それに強い派遣会社に登録しておく必要があります。

あらかじめ複数の派遣会社に登録しておけば、そういう派遣会社を探す必要がなくなります。

そして、契約更新のときに、複数の派遣会社に登録しておけば、時給アップの交渉もしやすくなります。

高い時給を提示する派遣会社の派遣先に興味がある場合には、そちらを優先することもできます。

やりたい仕事がある人で、そういった会社に入ることが難しい場合も、複数の派遣会社に登録しておくことで、派遣社員としてそういった仕事に就くことができることがあります。

ここでできる派遣社員といわれる人はどのように行動しているのでしょうか?

できる派遣社員というのは、登録している派遣会社に定期的に連絡をしているものです。

たとえばこのように。

「こういった仕事を探しているが、派遣社員として受け入れてくれる派遣先はないか?」

「こういった仕事があれば検討しますので、連絡をください。」

などという連絡をしているものです。

こういったことはすぐに結果が出るものではありません。

しかし、時間がたつにつれて、効果を発揮し始めるものです。

あの派遣社員は定期的に連絡をくれているが、ちょうどよい派遣先が現れたから連絡してみよう。

派遣会社もその登録しているスタッフを全員把握しているわけではないので、連絡を定期的にしているスタッフを先に紹介するようになります。

時給アップや自分のやりたい仕事をつかむ派遣社員というのは、このような地道なことをしているのです。

派遣社員のあなたも今からできますよ。

派遣会社の登録もまずはインターネットでの登録からはじまるところが多いですから。

少しの行動が、派遣社員としての成長を実現するのです。
| 日記

派遣社員 継続した何かがありますか?


派遣社員のスキルアップは重要ですが、なかなか実行できない派遣社員の方が多いのが現状です。

スキルアップが重要でないと思っている派遣社員というのは、おそらくいらっしゃらないのではないでしょうか?

重要性が理解できているにもかかわらす、スキルアップできる派遣社員が少ない。

なぜスキルアップできる派遣社員の方が少ないのでしょうか?

スキルアップというのは、毎日継続して行なわなければなりません。

なぜならば、スキルアップは今日始めて明日アップするというものではないからです。

毎日続けてスキルアップをコツコツと続けることが大切です。

そのことは派遣社員の方も納得していると思います。

この毎日継続するということができない派遣社員の方が多いのです。

めんどくさい、疲れた、時間がない。

継続できない理由をあげれば、きりがなく上げることができます。

しかし、継続できない派遣社員の方は、継続して何かをやったことがないのです。

継続したことがないから、どうやって継続したら良いかが分からないというだけの理由が、派遣社員でスキルアップできない人の理由です。

派遣社員の方で、スキルアップを望んでいるができない人は考えてみてください。

何かを継続してやったこと、今もやっていることがありますか?

派遣社員として時給アップ、スキルアップを望むのであれば、まずは毎日継続することを覚えなければなりません。

そんなことは分かっているという方も、継続したことがない、できないのであればわかっていないのと同じことです。

毎日続けること、これも派遣社員のスキルの一つであると考えてください。

スキルはできなければ、実行しなければ意味がないのです。

では派遣社員の方は、継続するスキルを磨いていきましょう。

スキルですから、まずは簡単なものから始めることです。

今ここで派遣社員の方は、毎日継続してやることを決めてください。

継続するスキルが今はないのですから、難しいことを決めると継続できなくなります。

毎日本を一冊読むとか、甘いものを食べないとか、こういうことは難しいことです。

疲れていたり、酔っ払って帰ってきて、このようなことを継続してできますか?

トイレのスリッパを必ずそろえる、本を必ず1行以上読むなど、簡単なことを毎日継続してください。

継続できない理由がないのものが簡単なものです。

これで毎日継続すること、このスキルを高めることです。

派遣社員の方は、スキルアップのために継続するスキルをつけることが第一です。

継続する習慣がついたときに、ビジネススキルをつけるための基礎体力がついたことになるのです。

スキルアップをあきらめている派遣社員の方は、継続する習慣をつけることで、まず派遣社員としての自分を磨きましょう。
| 日記

派遣社員がスキルアップを楽しくやるには?


派遣社員の時給をアップさせるためには何が必要だったでしょうか?

まず派遣元が派遣先に時給アップの交渉を行なうことが必要です。

これについては何度かご説明してきました。

したがって派遣社員が時給アップを望むためには、スキルアップや派遣先派遣元との信頼関係が必要なことを理解していただいていると思います。

時給アップは当然ですが、派遣社員として働き始めて短期間でできるものではありません。

しかし、派遣社員として長期間働けば、無条件でアップするというものでもありません。

派遣社員が時給アップを望む場合は、日ごろからコツコツとスキルアップにつとめたり、派遣先派遣元との信頼関係をしっかりと築く必要があるのです。

この結果の見えにくい時給アップへの過程を乗り越える派遣社員が、時給アップという希望をつかむことができます。

派遣社員としてスキルアップをすることは、一般的にはつらいことだと考える人が多いです。

もしかしたら、この記事を読んでいただいている方も、そう考えていらっしゃるでしょうか?

スキルアップなんて分かっているけれど、そんな時間もないし、面倒くさいし・・・

そんな派遣社員の方の意識の根底にあるのが、スキルアップは勉強しなければならないから苦しいものだ、という認識でしょう。

だから時給アップできないのだということが分かっているけれど、行動できない。

スキルアップをしたいのならば、苦しいのを我慢して継続しなければならない。

苦しさを乗り越えなければ派遣社員は時給アップができないと思っていますか?

派遣社員の方で、このようにスキルアップを考えているのであれば、継続は難しいでしょう。

スキルアップで重要なのは、スキルアップに対するストレスを排除することがまず第一です。

スキルアップが嫌なのに続けるということは、絶対に継続することはできません。

派遣社員がスキルアップするためには、スキルアップ自体が楽しいものでなければなりません。

派遣社員でなくても、人間は楽しいことでなければ続けることができないものです。

だから派遣社員で今スキルアップできないで苦しんでいる人も、それに悩む必要はありません。

むしろ当然のことだと考えることです。

そして今からスキルアップは楽しいものだと考えるようにすることが大切です。

まずはそのことから派遣社員の方は考えることです。

スキルアップがなぜ苦しく感じるのか、まずはそれを考えてみてください。
| 日記

登録した派遣会社との関係


派遣会社との上手な付き合い方とうのは、派遣社員として働いているときには当然ですが必要です。

時給アップやスキルアップのためには、派遣元との信頼関係はとても重要になるからです。

ところで派遣社員の方は、複数の派遣会社に登録している人が多いです。

派遣社員としてステップアップ、時給アップを狙うためにも、複数の派遣会社に登録をするべきです。

複数の派遣会社に登録している派遣社員の方は、派遣元でない派遣会社との連絡はどのようにされているでしょうか?

当然、複数の派遣会社に登録しているわけですから、派遣元としての派遣会社と派遣元でない派遣会社に分かれます。

派遣元との関係は、先ほどのとおりとても大切です。

それでは、今は登録しているだけの派遣会社との付き合い方はどうすればよいのでしょうか?

登録しているだけの派遣会社には、全く連絡をしないで、希望の仕事を待ち続ける人がいますが、これではなかなか希望の仕事が入ってこないものです。

なぜなら、派遣会社としても信頼のおける派遣社員の方を派遣したいと考えるからです。

派遣元ではない派遣会社ともこういった信頼関係が築ける人というものは、信用される派遣社員であると判断してもらえます。

登録しただけでは、忘れられてしまって、派遣の仕事を紹介してもらえない可能性もあります。

定期的に連絡することでそういったリスクを回避しなければなりません。

そして登録している派遣会社には、希望の職種がないかどうかを定期的に確認するようにする必要もあります。

派遣会社の中には、希望の職種でないものを紹介してくるところがあります。

派遣社員としてステップアップしたい、スキルアップしたいなど具体的な目標がある場合は、それをしっかりと把握してもらうことが大切です。

そうすれば、その案件に似た良いお仕事を派遣先として紹介してもらうことができます。

派遣会社もよい方にお仕事をしてほしいと考えていますので、携帯電話に留守電や着信があったときは、折り返し派遣会社に電話をするようにしましょう。

折り返しの電話というのはビジネスシーンでは当然のマナーです。

こういったことができない派遣社員には良い仕事は回ってくるはずがありません。

以上のように、登録している派遣会社との信頼関係も大切です。

派遣社員の方は、待っているだけでなく、自分から情報を得るよう心がけましょう。

そうしておけば、良い条件の案件があったときには、真っ先に派遣社員のあなたに紹介してくれるでしょう。
| 日記

派遣社員の出社退社のマナー


派遣社員の方は、毎朝何時に出社していますか?

毎朝、余裕でオフィスに着く派遣社員、ギリギリで駆け込む派遣社員、さまざまですね。

ここで確認しましょう。

始業時間が出社時間、そして終業時間が退社時間だと思っている派遣社員の方ははいませんか?

派遣社員の方は、時給で働いているので、時給が発生する始業時間に間に合えばよいと考えている人がいます。

時給が発生していないときは、まだ何もしなくて良い時間だと考えている派遣社員の人もいるでしょう。

しかし、時給アップ、スキルアップを目指す派遣社員としては、始業時間よりも前にやるべきことをしっかりとやらなければなりません。

何も30分も1時間も前に出社する必要はないのです。

派遣社員の方は、自分のデスクを仕事ができるように、始業前に整えたり、資料を整理したり、デスクの引き出しの中を片付けたりといろいろとやらなければならないことがあるはずです。

始業後にこのようなことを始めるのは、派遣社員としては並みのレベルだと思われてしまいます。

派遣先の信頼という観点からも、始業後に始めるのはまずい状況です。

周りをみてみてください。

仕事のできる社員というのは、始業前に何らかの準備をしているはずです。

できる派遣社員といわれるために、このような簡単なことを始業の10分前ぐらいから始めておくのが理想です。

そして退社時間も重要です。

派遣社員の中には、退社時間の前にタイムカードの前で待っているというようなことをする人はいませんか?

これでは派遣先との信頼などありえません。

退社時間の5分後くらいにデスクを離れるというくらいがよいでしょう。

派遣社員の方が退社するときには、社員の方がまだ仕事をしていることがあります。

そういったときは、「本日は、これで失礼させていただきます」、「お先に失礼します」など、きちんと挨拶をしましょう。

もし上司や先輩が忙しそうにしていたら、退社時間前に「何かお手伝いすることはありますか?」と聞くような心づかいができる派遣社員の方にはほしいところです。

派遣社員として、派遣先との信頼のためには、このような簡単なことをするかしないかで全く違うのはすぐにわかるでしょう。

派遣社員の方は今一度自分の行動をチェックしてみてください。
| 日記

派遣社員と派遣元との関係のために


派遣社員の方で、周りからいつも助けてもらえる人がいないでしょうか?

しかもその派遣社員の方はとても仕事のできる人の場合が多いはずです。

その派遣社員を手伝うことがまったく苦にならず、派遣先の人たちから進んでヘルプしてもらえる。

そういった信頼関係が派遣先の人と派遣社員の間には必要なのですが、どうすればよいのかが分からないという派遣社員の方が多いようです。

この状況を作るためには、派遣社員の方は受身ではいけません。

積極的に派遣社員の方から行動することが大切です。

どうするかというと、まずは自らが与えるのです。

仕事で手伝えることはどんどん手伝っていくこと。

しかし、ここで重要なのは、むやみにしゃしゃり出て手伝いをするなどということではありません。

相手に「ありがとう」といわせるようなことを手伝うことが大切なのです。

何度も「ありがとう」と派遣社員と派遣先の人との信頼関係が成立していくのです。

できない派遣社員の方で自分の仕事だけをやっている人が回りにいるはずです。

そういった派遣社員の評判はえてして良くないものです。

ここで重要なのは、相手への心配りがあるかないかです。

派遣社員の人に必要なヒューマンスキルは相手への心配りからできてくるものです。

まずは相手のために、自分ができることは何でもやってあげるというぐらいの心構えで、派遣社員の方はよいと思います。

もちろんできないことはできないとはっきりと言うことも大切です。

この「ありがとう」が

「あの人って、仕事ができるよね」

「よくやってくれているね」

という評価に変わるときが必ずあります。

そうなったときに、派遣社員のあなたが仕事のヘルプをお願いしても、みんなが快く引き受けてくれるはずです。

派遣社員のあなたの評価もぐんと上がっているはずです。

まずは「ありがとう」といってもらえる仕事をたくさんやることが、派遣社員が派遣先と信頼関係を築くために必要なことです。

派遣先との信頼関係は派遣社員にとっては時給アップという形で帰ってくることがあります。

「ありがとう」といってもらえる仕事というのは、たとえ時給アップという形でなくても、とても気持ちのよいものです。

派遣社員としての自分の力が役に立ったという満足感、充実感というのはなんともいえないものです。

その気持ちをどんどん味わいながら、派遣先との信頼関係を築き、さらには時給アップへと繋げることが、派遣社員のヒューマンスキルです。
| 日記

派遣社員は日常生活でスキルアップすること


派遣社員の方で、スキルアップをしたいという人は資格試験や、ビジネススクールなどに通っている人もいらっしゃるでしょうか。

それらはとても素晴らしいことです。

しかし、派遣社員の方がスキルアップできることは、そういったことだけではありません。

ときどき派遣社員の方からこういったことを聞きます。

「給料が安くてテキストなどを手に入れることができないのでスキルアップができない。」

「学校へ行くお金なんかとてもない。」

しかし、こういうことを言う派遣社員の方は、正直申し上げて、誤解されています。

スキルアップは何も机に向かって行なうだけがスキルアップなのではありません。

派遣社員で毎日の経済や政治のニュースを的確におさえている人は、やはりできる派遣社員です。

近くの派遣社員の方で、仕事ができるという方はおそらくこういったことにも答えられる人でしょう。

こういった身近な問題からテーマを見つけて、自分の知識とするという姿勢がスキルアップを加速させるのです。

少しイメージしてみてください。

どうしてあの店は行列ができて、こちらの店は行列ができていないのであろう?

こういったことを、派遣社員の方は町の中で見たことがあるはずです。

こういったことを気にするか、気にしないかでスキルアップするかしないかが変わってしまうのです。

行列のできている原因を突き止め、応用できるのであれば、それは立派なマーケティングです。

派遣社員の方は、実際の生活の中でさまざまな疑問、質問を投げかけることを習慣にしてください。

そして、その答えを自ら見つけることができたものは、必ず自分のスキルとして定着します。

勉強できないから、派遣社員から正社員に変わることができない。

経済的にスキルアップすることができないから、時給アップできない。

こういってしまうのは簡単です。

しかし、今できることを最大限にやること、これがスキルアップしたい派遣社員には必要なのです。

経済的にスキルアップが難しい場合、磨くことができるのはヒューマンスキルです。

どちらもとても大切なものでありますが、この場合できるのはヒューマンスキルなのですから。

派遣社員としてできることをどんどんやっていく人が、望むべき自分を手に入れるのです。

派遣社員の方は、今の自分にできることは何かを自らに質問してみる時間を毎日とるようにしてください。
| 日記

派遣先の担当者ができない営業だったら?


派遣社員の場合、必ず派遣元の担当者がいます。

派遣先が変わるたびに担当者が変わることがあります。

特に大手の派遣会社でお仕事をもらう場合、派遣先が変わるたびに担当者も変わることが多いです。

時給アップには担当者が交渉をするので、どの担当者がつくかがとても重要になります。

派遣業界では、時給アップについては派遣社員のスキルに関していろいろと言われることがあります。

しかし派遣営業さんについてはどうなのでしょうか?

はっきりと申し上げて、できる営業さん、できない営業さん、どちらでもない営業さんというのは分かれるものです。

デキる営業さんは、就業初日の夜に「お疲れ様です。今日は初日でしたが、どんな感じでしたか?」

仕事の最終日には「今までお疲れ様でした。また今後もよろしくお願いします。」といった、基本的なフォローを欠かすことはありません。

人間関係ではこういったことは基本ですが、とても大切なことです。

それに、常にスタッフの立場を考えての言動をとってくれるので、派遣先企業との間に何かやりずらい部分があったりしても、どちらもが嫌な思いをしないように交渉をしてくれたりします。

「デキない営業さん」は、このような心遣いはまず無いに等しく、何かお願いしたときのレスポンスもはっきりいって良くないです。

あと、ほぼ共通しているのが、コミュニケーションに問題があるということです。

営業という職についていてコミュニケーションに問題があるって・・・?と思われるかもしれませんが、めすらしいことではありません。

相手の話をきちんと聞くことがデキていなかったり、勝手に自分の尺度で解釈してしまったり。

自分の考えだけで話してしまったりするのです。

「そこそこの営業さん」というのは、上記2タイプの中間というところでしょう。

ということで、もうお分かりかと思いますが、派遣社員としてはデキる営業さんの担当している案件をもらうことが、時給アップの早道になるのです。

なので、運良くデキる営業さんが自分の担当になったら、その人となるべく仲良くしておくと、それが今後の時給アップにも繋がります。

仲良くすると言っても、別にプライベートで親しく付き合ったりするということではありません。

資格を取るためにこういう勉強を頑張ってますよとか、最近職場でこんな仕事を任されたんですよとか、ちょっとした近況報告のメールを送ったりするだけでもいいのです。

こういったヒューマンスキルの重要性は何度も解説してきましたので実行してください。

残念ながらできない営業さんが担当者になってしまった場合はどうするのでしょうか。

時給アップはあきらめるということでしょうか。

この場合は、担当の営業の方との信頼関係を築くということはいつもと同じように重要です。

そして、派遣先の上司や管理者の信頼関係により重きを置いていくということが大切です。

派遣先から時給アップをしてくれる場合もあります。

そこまでいかなくても、時給アップの交渉は派遣元が派遣先にしなければならないので、その時に有利に交渉を進めることができます。

派遣社員の方は、どの状況であっても時給アップの道はあることを覚えておいてください。
| 日記

派遣社員の資格習得


派遣社員のスキルアップのためには資格をとるということが、とても重要になってきます。

しかしここで勘違いされる派遣社員の方は、資格を片っ端から取って行くきますが、こういった考えはどうなのでしょう?

資格を趣味でどんどん取って行くということは、とても素晴らしいことです。

しかし派遣社員のスキルアップという観点からは、それではあまり意味がありません。

一般的に資格に一貫性があるほうが、評価が高くなります。

そして目指す仕事に関連する資格をとることが、派遣社員のスキルアップには必要になります。

経理関係の仕事なら日商簿記の検定を受けることが必要でしょう。

通訳に関する仕事ならTOEICの点数を上げたり、通訳技能検定に合格すること。

このようにめざしている仕事に合わせた資格や免許を取ることが派遣社員のスキルアップとなるのです。

そして、派遣社員がスキルアップするための資格習得について加えて重要なことがあります。

まず、段階がある資格については、より上の資格を取ることです。

簿記2級よりは、簿記1級のほうが評価されます。

TOEICが700点よりは800点の方が評価されます。

このように、スキルアップはさらに上を目指すことが大切です。

派遣社員の方は、できる限り上を目指して資格を習得してください。

さらに資格は組み合わせることが大切です。

1つの資格よりも関連する資格を複数取ることで、評価が上がります。

TOEIC800点を通訳技能検定や英検1級、TOFELなどの資格を持っておくことがより評価の対象になるのです。

簿記だけではなく、税理士の資格を持つことで、経理関係では大きな武器になります。

派遣社員のスキルアップは広い視野で見ることが大切になります。

学校の勉強と違って、派遣社員が机で勉強しても、業務では何の役にも立たないと勘違いされている方がいます。

しかしこれは大きな勘違いです。

資格に挑戦することは、絶対にマイナスになることはありません。

派遣社員の方は、常にスキルアップを念頭においてください。
| 日記

派遣社員が確認すべき書類


「OA操作の派遣社員として契約したのに営業を命じられた」

「営業事務として派遣社員の契約をしたのに帳簿の記帳など経理処理までしなければならないなんて」

なんてことがあったら、派遣社員はどのようにすればよいのでしょうか?

ここで重要になるのは「就業条件明示書」になります。

派遣会社は、派遣先が決まると派遣社員に「就業条件明示書」を提示する義務があります。

派遣先が「就業条件明示書」以外の業務を派遣社員に命じることは、厳密には契約違反にあたります。

派遣社員の立場としては、職場の業務を円滑に進めるために、契約外でもある程度の業務は柔軟に対応することも必要です。

しかし、本来の業務や勤務時間に影響するなど、許容範囲を超えた場合には、派遣会社の担当者に相談する必要があります。

それでも改善されなければ、しかるべき機関に相談しましょう。

日本人材派遣協会の相談センターや公共職業安定所(ハローワーク)などに相談するのが良いでしょう。

また、「就業条件明示書」には、業務内容以外に、業務の指示責任者・勤務場所・勤務時間などの重要事項が記載されています。

派遣社員の場合は、この「就業条件明示書」は非常に重要な書類となります。

これは、派遣会社と派遣社員が交わす大事な契約書です。

隅々までよく読んで、分かりづらい部分や曖昧な部分は質問をしてすべてを理解しておきましょう。

納得したら、派遣会社と派遣社員の控え双方に署名・捺印して、契約完了です。

この「就業条件明示書」はトラブルの際の判断基準、法的根拠にもなりますから、大切に保管しておきましょう。

特に後で確認すればいいやという考えの派遣社員の方がいますが、そういった考えは捨ててください。

派遣社員は「就業条件明示書」に捺印することで派遣元と契約をするのですから、内容をしっかりとつめることを絶対に忘れてはいけません。
| 日記

派遣社員の経験がない人の武器は?


このサイトは、できる派遣社員というテーマで運営しています。

しかし今まで派遣社員として働いたことがない方で、派遣社員として働きたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、パソコンができないし、派遣で働いたことがないから・・・

そんな理由で派遣の道を諦めていませんか。

しかしそんな理由で派遣社員をあきらめる必要はどこにもないのです。

もちろんビジネスにおける能力は高いにこしたことはないです。

もし、ビジネススキル以外がまったく同じ人間が2人いたとするならば当然、ビジネススキルが高いほうにニーズがあるでしょう。

ただ、何をはじめるにしても最初からなんでもできる人なんていません。

実績や経験のない人にとって重要なのはヒューマンスキルです。

いくらビジネススキルがあっても朝の挨拶もできない人と楽しく働けると思う人は少ないのではないですか。

何を言ってもネガティブなことが次々と口から出て来る人とあなたは一緒に居たいと思わないはずです。

だから初めて派遣社員にとって重要なのはヒューマンスキルなのです。

最初からヒューマンスキルを発揮することは難しいかもしれません。

派遣社員として初めて働くのであれば、当然緊張もします。

それでも一生懸命周りと溶け込もうとすることを派遣先は評価するのです。

それはヒューマンスキルです。

『やる気』は言うまでもなく派遣社員ならば当然必要です。

派遣当初は知識がなくても、貪欲に何でも吸収していこうと言う姿勢が非常に大切です。

資格を取得することも必要ですし、分からないことをどんどん質問するという姿勢も忘れてはいけません。

それがビジネススキルを向上させるエネルギーになるでしょう。

『やる気』と『笑顔』で必要とされる派遣社員にはなれます。

別に派遣先に媚びる必要はありません。

ヒューマンスキルは媚びることではなく相手にいやな気持ちや不快な気持ちを与えないことです。

初めて派遣社員として働きたいという人は、自分がしてもらって嬉しいことを率先してやることです。

派遣社員になりたい人は、どんどん派遣社員に挑戦することを期待しています。
| 日記

パワーポイントでスキルアップする派遣社員


派遣社員の時給を上げるのは、やはりスキルによります。

しかし、役に立つスキルは何かと探しているだけで、なかなか行動できない人も多いです。

行動しなければ、決してスキルはアップしません。

そして、スキルアップのための行動は早ければ早いほうがよいです。

スキルのアピールできる時間が早くなり、時給アップの交渉にも主張しやすいですから。

何をやったらわからないという派遣社員の人は、まずはPCのスキルを磨きましょう。

まず、ワードとエクセルは中級以上のスキルを身につけておくのは前提です。

この2つは実務で使う可能性が極めて高いので、絶対に必要なスキルです。

それにプラスアルファーで、まずはパワーポイントを身につけましょう。

アクセスができるのがよりよいのですが、まずはパワーポイントに取り組んでみてください。

パワーポイントといえば、プレゼンの資料などを思い浮かべる人が多いでしょうか。

OHPの現代版のような装置でスクリーンに映るものをパワーポイントは作ることができます。

派遣社員でも、このプレゼンの資料を作成することを任される人もいます。

スキルを学ぶに際しては、どんなことでもそうですが、まずは使ってみることです。

パワーポイントは使ったことないからという人はそれを使おうとしない人が多いです。

まずはどのうような動きをするのかをやってみる必要があります。

パワーポイントは会議で使う資料もきれいに作ることができます。

A4の用紙を横に使われた会議用の資料を見たことのある人は多いと思います。

あれの多くはパワーポイントで作られています。

身近なPCのスキルでこのように、派遣社員として使われる可能性が多くなります。

スキルアップのためには、めんどくさいという言葉はここで捨ててくださいね。
| 日記

派遣社員の電話のスキル


派遣社員として働いている派遣先で電話が鳴りました。

なんといって出るのがよいでしょうか?

まさか、「もしもし」と出る人はいないと思います。

携帯にかかってきた友達からの電話なら「もしもし〜?」でも何でも構いませんが、会社の場合はそれでは相手に失礼です。

基本は「はい、○○(会社名)でございます」ですね。

会社名が長い場合などは「はい、○○○○です」でも良いでしょう。

また会社によっては「はい、○○商事 営業部 ○○が承ります」と個人名まで名乗るところもあります。

各会社のカラーがあると思いますので、郷に入れば郷に従えということで最初に社員さんに確認したり、まわりを真似すればよいでしょう。

また受話器をとるタイミングについては、2コール以内がベストです。

今のマナー講習では、電話のコールは2回以内と教えています。

少し前まで電話のコールは3回以内といことが言われていました。

しかし、現在では2コール以内が一般的になってきています。

インターネットの普及や、プリンタなどの高速化などでさらに仕事の効率が求められてきているためでしょう。

電話に関しても、自分自身が3コールまで待たされると、長いと感じることがありませんか?

ビジネスの場合は、変化が早いのでしっかりと対応できるようにしましょう。

これもスキルの一つです。

3コール以上お待たせてしまった場合は「お待たせいたしました、○○です」とまずはお詫びしてから出るように心がけましょう。

電話というのは相手の顔が見えないため、伝えようとしても伝えられないことがあります。

電話での会話は、要点がまとまったストーリーのように話すと、相手は理解しやすくなるでしょう。

相手が見えなくても、相手が目の前にいるつもりで話すことが大切です。

電話に出るときは、背筋を伸ばして出ることを心がけてください。

相手が目の前にいたら、あなたは背中を曲げて応対しますか?

しないですよね。それが電話応対のスキルの一つです。

派遣社員の場合、電話の出方を指導されることはありません。

当然にできていなければならないスキルと考えられているからです。

そして、電話は積極的にでるようにしてください。

派遣社員の中には、正社員が出るからいいやという人が意外に多いです。

電話は派遣社員の重要なスキルです。

自分のスキルをアピールするためにも、電話の応対をしっかりと確認しておくことが必要です。

派遣社員は電話の出方一つでできる派遣社員、できない派遣社員を判断されてしまうことがあります。

基本的なスキルですが、電話の応対は声が周りに聞こえるため、すぐに判断の材料になります。

できる派遣社員として、電話のスキルは絶対に必要です。
| 日記

派遣社員 正社員よりできる!


派遣社員は事務の仕事に派遣されることが多いでしょう。

その場合、派遣は期間を決めての契約のため、期間がくれば派遣は終わります。

どのようになるのでしょうか?

一般的な事務職の場合は「臨時的・一時的派遣」にあたり、派遣社員は原則1年(場合によっては3年)以上同じ会社に派遣されて働くことはできないとされています。

しかし現状は、一般事務や営業事務で何年も同じ派遣先企業で働いている人もいます。

「仕事内容も環境も慣れた職場だし3年といわずこれからも働きたいのに、なんで上限が3年なの?」と思いますか?

同じ会社で長く働きたいと考えているのであれば、派遣社員ではなく正社員になるべきでしょう。

弱い立場になってしまう可能性のある派遣社員を長期間同じ職場で働かせることは良くない場合があるのです。

賃金をぎりぎりにおさえて、転職ができないようにして長期間働かせるようなことがないようにということです。

そもそも本来は、企業が派遣社員を雇う理由としては、臨時的に人が足りない場合や専門的なスキルを要する場合であるはずなのに、現実は、会社の経営者はこのように考えているのではないでしょうか?

「長い目で見れば正社員を雇うより賃金が安いし、必要がなくなればすぐに契約を終了できる(=簡単にクビにできる)」と。

会社の経営者にとって派遣社員はとても都合の良い労働者であり、そのため派遣の求人はたくさんあるのだと思います。

もし、そのポストに常に人がいなければ業務に支障がでるのであれば、会社はその人を正社員として雇用するように、という意味で派遣法では派遣の期間を3年以内とし、正社員の代替として派遣社員を活用してはいけないこととしています。

期間が来れば終わりであり、首の切りやすい派遣社員とならない、できる派遣社員と呼ばれるにはどうすればよいのでしょうか?

正社員より高いスキルを身につける必要があります。

パソコンや資格などももちろんできる派遣社員になるためには必要です。

さらに必要なのは、細やかな気配りです。

与えられた仕事のみをやるのは、普通の派遣社員。

できる派遣社員のあなたは、さらに正社員や管理者の望むことを先回りして行えるようになることです。

いつでもクビにできるのは、正社員であり、派遣社員はクビにはできない、そういわれる派遣社員を目指しましょう。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。